元ギャル男、髪をいじりすぎて20代で薄毛に悩む。

元ギャル男20代で薄毛にの画像

ちょうど今30歳ぐらいの方であれば、ギャル男ブームがあったのをご存知かと思います。

メンズエッグに載っているようなギャル男がどこの街にもいましたよね(笑)

ギャル男のトレードマークの1つでもあったのが髪型です。髪を盛るなんて言葉もあったぐらい、整髪料を大量に使ってセットをして、独特の髪型をしていました。

あれだけ髪をセットしていたらさすがに髪に影響あるのでは?と思いますよね。

自分の場合はその当時既に薄毛に悩まされていたんですけどね(笑

今回紹介する薄毛体験談は、元ギャル男の男性の話です。

ギャル男時代の髪へのダメージが仇となって、20代で早くも抜け毛に悩まされてしまうのですが…

それでは元ギャル男だった男性の薄毛体験談を紹介します。

早くも薄毛、抜け毛が気になり始めた20代

私は都内に住む現在32歳、普通のサラリーマンです。

私が抜け毛を意識したのは、大学を卒業して就職した年のことでした。

朝起きると、枕に抜け毛が数本ついていたのです。ただ、枕についた抜け毛で薄毛を意識する人は多いと聞きますが、私の場合はこの時は特になんとも思いませんでした。

もしかしたら本当はもっと前から枕に抜け毛がついていたのかもしれません。ただ単に枕を見て「あ、毛が付いているな」と思っただけでした。

なぜ枕についた抜け毛を見て薄毛を意識しなかったかというと、学生時代に髪をいじりすぎたせいかなと考えたからです。

私が中高生の頃というのはギャル・ギャル男の全盛期で、私もギャル男とまではいかずとも、メンズエッグなどのギャル男雑誌を見て、読者モデルと同じようにパーマやカラーリングなんかを普通にしてました。

実を言うと、就職をして仕事を始めた時もギャル男時代の髪の色が戻りきっておらず、髪の毛が黒いのは見かけだけで、黒く見せるために茶髪に白髪染めを使っていただけなのです。

だから、枕についてる抜け毛を見ても「髪が傷んで抜けているだけで、髪の毛がきちんと黒に戻れば自然に抜け毛もなくなるだろう」と思っていたのです。

しかし、そんな願いも虚しく、朝起きた時に枕についている抜け毛がなくなることはありませんでした。

それからしばらく経過し、髪の毛が伸びて茶髪をごまかすために白髪染めをする必要がなくなってからも、枕には抜け毛が…日に日に増えてるような気もしていました。

そんな中、私が決定的に抜け毛に危機感を感じたのは入浴中のことでした。

シャンプー後、泡を洗い流していると足元に妙な感触が。

アレッ?と思い、頭の泡を洗い流しながら薄く目をあけてみると、洗い場の足元に排水溝に流れていくはずの水と泡が溜まり、足の指が浸るぐらいまで水と泡が溜まっていたのです。

排水溝が詰まっているのかも?と思い、頭を洗い流してから排水溝の上蓋を空けた時に凍りつきました。

ビッシリと排水溝に私の髪が詰まっていたのです。ホラー映画のように(笑

まさかこれが全部自分のだとは信じられませんでしたが、私は一人暮らし。掃除もきちんとしていますし、自分の頭から抜けた髪の毛に間違いないのです。

半年ほど一人暮らしをしていましたが、これまでに排水溝が髪で詰まったなんてことは無かったのです。

その排水溝に髪が詰まっている光景を見て、朝起きた時の枕についている抜け毛と薄毛が繋がったのです。

さすがにこのときは「やばいかもしれない」と思い、慌てて自分の頭髪の状態を確認しました。

薄毛は元ギャル男の性格まで変えてしまう

ギャル男時代には、髪もファッションの一つみたいなところもあって、ハゲかけている先輩のことを挨拶代わりに「髪の毛忘れてきたんですか~?」なんてからかったりしていました。

その先輩も「お前らなぁ~」なんて笑っていたのです。

しかし、その言葉が本人にとってどれだけショックなのかとかよくわかっていなかったのもありますが、今となっては猛省せずにはいられません。

遊びに行っても上の空

社会人一年目といえば、まだまだ学生気分が抜けていません。

就職してバイトの時以上の給料が手に入るようになったこともあって、私はよく友人たちと集まって飲んだり、遊んだりしていました。

ただ学生でギャル男だった頃とは違い、友人といても騒いだり楽しむことが出来ないのです。

遊びに行ってもどうしても友人たちの頭ばかり見てしまうんですよね。

そして、

「なんで同じように染めたりパーマかけたりしていたのに、こいつはフサフサなんだろう」

「いや、もしかしたら抜け毛が増えているのに、髪型でごまかしているのかもしれない」

と考えてしまって、話の内容となんてまるで頭に入りません。

自分からはほとんど話さないし、いつもボーッとしているように見えていたらしくて、友人からは体調を心配されるようになるほどでした。

陽射しが強い日は薄毛が目立って憂鬱に

私の場合、抜け毛が気になってきたといっても、幸い頭頂部だけでした。

なのでヘアワックスで髪の毛にボリュームを出せば、なんとかごまかせたのです。正直、

「このワックスでますます髪が抜けたらどうしよう」

という思いもあったのですが、とにかくこの頃は、その日の外出を乗り切ることで精一杯でしたね。

しかし、やっぱり薄くなった髪の毛はごまかせません。

暗い室内ならなんとかなっても、太陽の光を浴びるとうっすら頭皮が見えるのです。

もしかしたら、他人から見ればそこまで気にならない程度だったのかもしれませんが、自分ではもうこの世の終わりかのようなショックを受けました。

ギャル男時代は、街を歩けば建物の窓に自分の姿が反射して写れば、ヘアスタイルをチェックしたりしていたのですが、この頃には窓や鏡に自分の姿が写るのが嫌で仕方なかったです。

ギャル男の時にはあれだけ撮っていたプリクラや写真も、一切撮らないようになりました。

休日は家に引きこもるように

今考えると、私は打たれ弱かったとは思います。

外へ出ると人の目が気になるし、私も同年代の男性の頭ばかり見てしまうし、なにより太陽にできるだけ当たらないようにとそればかり考えてしまい、何をしても面白くなかったのです。

だから、積極的に外出することはなくなりましたし、買い物はできるだけ仕事帰りに済ませるようにし、休日は家に引きこもっていました。

とにかく友人と会うのが嫌でしたね。

会社はなんとか行っていましたが、髪のことを話題にできるほど親しくならないように一歩引いていたので、会社では友達らしい友達もできず一人ぼっちでした。その時はそれが気楽だったんですけど。

抜け毛をなんとかしようと思い、初めに購入したもの

抜け毛を止めたい薄毛になりたくないのなら、何か対策をしなければいけないということはもちろんわかっていました。

ですが、実際に行動を起こすまでには少し時間がかかりました。

なんていうか、抜け毛対策を始めてしまうと、自分がハゲだと認めるような気がしたんです。

くだらないですよね。でも、自分が育毛剤や育毛シャンプーを買って薄毛だと認めることは、この時の私にとってそれほど勇気のいることだったのです。

ほんの1年前までギャル男だったんですよ(笑)それが薄毛対策を始めるなんて、周りから見たら「あんな髪型してたからだよ」なんて言われるのは目に見えてました。

しかし、日に日に増えている気がする枕につく抜け毛と髪を洗った後の抜け毛、髪が生えてくるのが追いついていないというのは分かりきってました。

それでもドラッグストアやドンキで育毛剤や育毛シャンプーを買うのは恥かしい…

そこで私がまず手を出したのがコレでした。

スーパーミリオンヘアーを通販で買う

ようやく重い腰を上げて抜け毛対策をしようと思った私が一番先に手を出したのは、スーパーミリオンヘアーという商品でした。

抜け毛を防ぐというよりも、薄くなってしまった部分に繊維を振りかけ、薄くなっていないようにごまかす商品です。正しくは抜け毛対策ではないですね(笑

なぜスーパーミリオンヘアーを買うことにしたかというと、

まず、育毛剤や育毛シャンプーをドラッグストアで買う勇気が無かったのです。ギャル男で派手な服を着ていたくせに情け無いですよね。

それでも「何か対策しないと…」

と思っていた時に、深夜の通販番組でスーパーミリオンヘアが紹介されていたのを見かけたのです。

実を言うと、同じような通販番組で以前にも一度スーパーミリオンヘアを見たことがあったのですが、その時は自分が髪のことで悩まされるなんて思っていなく、「わざわざ隠さなくてもいいのにな」なんて思っていました。

しかし、抜け毛に悩まされていることになった私には「コレだ!」と思ったのです。

というのも、仕事へ行くのも抜け毛が原因で髪が気になって嫌になりはじめていたのです。スーパーミリオンヘアを使えば薄くなってる部分をスグにごまかせる。

それに、通販で買えるので人に会わず、恥かしさもなく買えるというのもちょうど良かったのです。

早速注文をしました。

スーパーミリオンへアーは二個組の商品で、まず黒い繊維を頭にふりかけ、それをスプレーで定着させて使います。

繊維は長さ1〜2ミリくらいの黒い糸という感じでしたね。それを頭にふりかけて定着させると、髪の毛にボリュームが出たり、頭皮が透けて見えるのをカバーできたりします。

しかし、私が使ったのは二週間ほどだけでした。

たしかに頭皮が透けて見えるのをごまかすことが出来て、髪のボリュームも増えたようになってごまかすことは出来ていました。

スーパーミリオンヘアで薄くなっている部分をごまかすことが出来て、仕事や外出も以前にくらべると少しは嫌な気持ちも減りました。

しかしまた事件が…

再びシャワーをしている時に排水溝が詰まってしまったのです。恐る恐る見てみると、以前よりも詰まっている髪の量が多く感じたのです。

「本当にヤバイかも」

と思い、ごまかすだけではなく抜け毛対策を真剣に始めることに。

スカルプDをはじめ、いろいろな育毛シャンプーを使い始める

抜け毛対策として始めたのは育毛シャンプーのスカルプDでした。

なぜ育毛剤ではなく育毛シャンプーなのかというと、私の祖父が育毛剤を使用していたという幼い頃の記憶があるのですが、祖父の頭は育毛剤を使っていたのにハゲていたのです。

こういったこともあって育毛剤に対しては「気休め的な物」というイメージしかなかったのです。

その点、スカルプDはというと芸人さんが実際に髪が増えていたりしていたこともあって、「これなら抜け毛が治まるかも」と思ったのです。

そしてスカルプDを通販で購入しました。

スカルプDってどうなの?

2016.11.06

結果はというと、抜け毛は収まりませんでした。スカルプDを使うようになって髪がしっかりしたような感じはたしかにあったのですが抜け毛は同じ状態で、枕についてる抜け毛も排水溝に溜まる抜け毛も量は変わりませんでした。

それからはまた違う育毛シャンプーを試し、1本使い終わればまた違う育毛シャンプーを試すということを1年程繰り返していました。

そうこうしている間に、とうとう抜け毛、いや薄毛がごまかせない程になってしまったのです。

それまでは頭頂部の周りの髪を無造作な感じにセットをしてごまかしていたのですが、薄くなっている範囲が広がり、ごまかしきれなくなるまであと少しというところまで進行していたのです。

そこで私が頼ったのが、育毛剤を通り越し(笑)無料の頭皮カウンセリングでした。

頭皮カウンセリングを受けるも、手が届かなかった…

頭皮カウンセリングはこれまでの他力本願とはわけがちがい、プロのアドバイスを私個人にあてていただくわけですから、有効な手段だと思いました。

私が選んだ育毛サロンは有名どころのアートネイチャーです。初回のカウンセリングが無料だったのもここに決めた理由です。

カウンセリング内容はというと、

まずは問診票

カウンセリングを受ける際に、簡単な問診票を書きました。

項目はだいたい次のようなものでした。

・平日の平均睡眠時間(就寝時間、起床時間)

・飲酒量、喫煙量

・昨日の献立

・病歴

・現在服用している薬

・髪のために現在行っていること

スコープのようなもので頭皮チェック

テレビの健康番組などで、頭皮や肌のチェックをしているシーンを見たことがありませんか?

そのスコープで自分の頭皮をチェックしてもらったところ……私の頭皮は大荒れでした。

ところどころに赤みがあったり、皮がめくれてしまっていたり。

モニターに映った頭皮が、素人目にもよくわかるくらい荒れているのです。これでは髪の毛が抜けるわけだと、妙に納得したのを覚えています。

新入社員には手が届かない治療費

カウンセリングの結果は、通院して徹底的にケアしたほうがいいとのことでした。

普段なら営業の口車には乗せられてたまるかと身構える私ですが、何しろ自身の荒れ放題の頭皮を見ているのです。ケアしたほうがいいのは自分でもわかりました。

ですが……。

治療費は、約50万円。約というのは、治療中の頭皮の状態により、7万円ほどは前後するとのことだったからです。

これは、新入社員にとっては絶望的な額でした。

(ちなみに、私が行ったときは一回だけの体験コースがあったのですが、それは受けませんでした。それ以降続けられないことがわかっているのに、中途半端にケアを行うのが怖かったからです)

残された道は自己流ケア

当時の私にとって最終手段ともいうべき育毛サロンへの道が閉ざされてしまったものの、実は私は落ち込んではいませんでした。

なぜなら、問診票にあった不思議な項目が気になっていたからです。果たして、睡眠や食事が抜け毛に関係あるのでしょうか?

ここで私は、ようやく自身で抜け毛の原因や仕組みについて、自分で調べてみるに至ったのです。

思い返してみれば、抜け毛や薄毛を気にしていたものの、当時の私は全く薄毛に関する知識が無かったのです。ただただ悩んでいただけなのです。

自分で抜け毛の原因や仕組みを調べてみると、驚くことがたくさんありました。

睡眠不足や栄養の偏った食事で抜け毛はおろか、白髪も生えてくるのです。それ以外では、運動不足や飲酒、喫煙などもそうでした。

正直、はじめは半信半疑でしたが、詳しく調べるうちに心当たりが次々に見つかります。

例えば、髪の毛を元気にする成分は眠ってから数時間後から分泌されるということ…

学生気分の抜けない私は、ほぼ連日睡眠不足でしたし、徹夜も珍しくありませんでした。

栄養の偏りは、髪の毛に必要な栄養素が、まず生命にかかわる部分に回されて頭皮まで行き渡らない…

私はほぼコンビニ弁当ですし、メニューもいつも同じです。サラダは買いません。

運動や喫煙等も何か理由があったのですが、私にあてはまるのはだいたい食事と睡眠のようでした。

こういった生活習慣を直すのであれば、それほどお金もかかりません。まずはこの部分から改善してみようと思ったのです。

髪の毛は気を使った分だけ応えてくれる

藁にもすがる思いではじめてみた睡眠と食事の改善ですが、一ヶ月が過ぎたころから目に見えて抜け毛が減りだしました。

もう一つ、育毛シャンプーを使ってするいつものシャンプーを今までよりも丁寧に行い、頭皮マッサージも行うようにしました。

地味な事ですが、何もせずに悩んでいるだけだった頃とは、明らかに抜け毛の量が減りました。

そこから2年ほど自分なりの育毛方法をしつづけました。

抜け毛は落ち着いたものの、薄くなってしまった部分は完全回復とまでは無理な様でした。

完全回復しなかったのには、言い訳になるのですが社内の異動で外食や飲酒をする機会が増えましたし、そうするとどうしても睡眠時間も不規則になって…。ということに。

そんな生活を続けていると、再び抜け毛が増えて枕についた抜け毛が気になるようになってしまったのです。

もちろん、慌てて気を使うようになりましたが、その時に思ったのが「きっと私は体質的に髪の毛が弱い」ということです。

というのも同じような生活をしていても、何の問題もない人は本当にフサフサですから。

今の髪の状態はというと、完全回復とまではいかないまでもある程度までは回復したのではないかと思います。

今では給料も1年目よりも貰えるようになり(笑)自分なりの育毛方法にくわえてプロペシアを飲んでいます。

育毛剤までは手が届かないのでプロペシアだけなのですが、自分なりの育毛方法よりもさらに抜け毛が減ったのは実感出来ています。

プロペシアだけで薄毛は改善したか?

2016.11.07

抜け毛に不安を感じ始めた頃は知識が無さ過ぎましたが、生活・食事を変えるだけでも髪は変わるというのが分かって良かったです。

より完全な状態に髪を戻せるように、プロペシアを飲みつつ今の生活を崩さず続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です