育毛シャンプーで発毛を期待しない。

育毛シャンプーに期待しすぎないの画像

いきなり悲観的なタイトルですが(笑)育毛剤と同じぐらい最近では育毛シャンプーも色々なメーカーから販売されていますよね。

育毛シャンプーってごくごく普通のシャンプーと比べると、倍以上の値段がするものなんて当たり前のようにあります。育毛シャンプーだけでなく育毛コンディショナーまで使うとなったら、さらにお金がかかるということに…

使う側からすれば、それなりの金額のする育毛シャンプーやコンディショナーを使うワケだから少なからず「これで髪が生えて薄毛が治るかも!?」と期待してしまいますよね。まあ自分もそうでした(笑)なので髪に良いと言われている育毛シャンプーなんかは結構な種類を試しましたね。

ただ、育毛シャンプーを使う上で自分が学んだことというのは、「育毛シャンプーで発毛を期待しない。」ということですね。

そう、育毛シャンプーはあくまでも今ある髪と、これから生えてくる髪のためのもので、育毛シャンプーだけを使っても生えて来なくなった部分の髪を発毛させることは出来ないということなのです。

今回は育毛シャンプーに過度な期待をし過ぎない方が良いですよ。ということについて少し書いて見ます。

育毛シャンプーは発毛シャンプーでは無いということ。

冒頭で書いたように、「育毛シャンプーを使えば髪が生えてきて薄毛が治るかも!?」と思っている人もいるかもしれませんが、実際どうなのかというと…

発毛効果のあるシャンプーは無い。

ということ。そう育毛シャンプーを使ったからといって、例えば後退した生え際に髪が生えてきたということは、まず無いと思っていた方が良いということです。

発毛成分としてよく言われているのが「ミノキシジル」ですが、2017年2月時点で発毛成分ミノキシジルが配合されている発毛シャンプーは日本国内では市販されていないのです。

育毛シャンプーは発毛をさせる目的ではなくて、現在生えている髪やこれから生えてくる髪を健康に育てるためのシャンプーであるということなのです。

なので育毛シャンプーは髪を生えさせるためのものではなく、今ある髪を守るための物だということを理解しておくことが薄毛のケアをする上では大事なことなのです。

育毛シャンプーを使う必要はあるのか?

育毛シャンプーを使ったからといって発毛することは無いのに、一般的なシャンプーではなくてわざわざ高価な育毛シャンプーを薄毛ケアのために使う必要はあるのか?というと…

育毛シャンプーは薄毛ケアのために使う必要はある。

と思いますね。なぜ育毛シャンプーを使う必要があるのかというと、

AGA治療を将来的に考える上でも、髪が育ちやすい頭皮環境を整えておいた方がいい。

からなのです。AGA治療を始めたからといってプロペシア等の薄毛治療薬を飲んでいるだけで良いというワケではないのです。頭皮の環境を整えて髪が育ちやすい環境を整えることで、AGA治療薬や育毛剤の効果をさらに引き上げることが出来るからなのです。

現在自分はAGAクリニックに通っているのですが、医師から診察の時に「単に薬を飲むだけではなくて、睡眠不足や食生活など薄毛の原因の可能性となりうるものは見直しましょう」ということを何度も言われます。

頭皮環境を整えて髪が成長しやすいようにするというのもその一つで、少しでも薄毛の改善や抜け毛の予防に繋がることを試すというのがAGA治療には欠かせないことなのです。そのため育毛シャンプーを使って頭皮環境を整えた上で、AGA治療にも取り組む方がより効果的というワケなのです。

髪が細くなったりハリやコシが…そんな時こそ育毛シャンプー

自分の経験談から言うと、薄毛が目立ってきてから育毛シャンプーを使うのではちょっとタイミングが遅いですね。

薄毛が目立ち始める前に自分の場合は髪が細くなったり、髪にハリやコシがなくなってヘナっとしてしまうというような、薄毛の前兆のようなものがありましたね。そのため出かける前には髪がヘナっとならない様にシャンプーをしてから出かけてたという時期がありましたね。

そう、薄毛が目立ちはじめてから育毛シャンプーを使うのではなく、髪が細くなったりハリやコシがなくなってきた時こそ育毛シャンプーを使うべきタイミングだったのです。

あの頃に髪の異変に気づいて育毛シャンプーを使って、もっと早めに手を打っておけば薄毛の進行はもう少し遅らせることが出来たんじゃないかと、今でもちょっと後悔していますね(笑

髪が細くなったりハリやコシがなくなってきた時こそ、髪が正常に成長出来ていないサインなのです。そんな時こそ育毛シャンプーを使って頭皮の環境を整えてあげるべきなのです。

自分の実感としては以前の記事でも書きましたが、市販のシャンプーを使ってた時よりも育毛シャンプーを使い始めた時の方が、明らかに髪にコシやハリが出てきてボリューム感もキープ出来ていましたね。

なので、薄毛とまではいかないにしても「髪が細くなってきた…」「髪がヘナっとしている…」などと感じた時にこそ育毛シャンプーを使い始めるべきですね。自分の様に後悔しないためにも・・・(笑

育毛シャンプーは副作用はないの?

育毛や発毛という言葉を聞くだけでも副作用が気になるという方もいると思うのですが、日本で販売されている多くの育毛シャンプーの目的というのは、頭皮環境を整えるということを目的として作られているので、市販の安価なシャンプーに配合されている様な合成物質を使用していないものが多く、育毛シャンプーには副作用が出る様な成分が使われているということはまず無いので、副作用に関しては心配せずに使用出来ます。

ただ、気をつけたいのが育毛シャンプーの中にも、個人差はあるのですが肌に合う合わないというのがあって、場合によっては頭皮が痒くなってしまったり、湿疹が出たりという様な場合もあります。

自分の場合はどちらかというと薄毛のくせに敏感肌気味で(笑)一度だけトニックの様な頭皮がスーッとする育毛シャンプーを使用した時にかゆみと発疹が出たことがありましたね。

その時は肌に合っていないということがわからず、そのまま使用を続けていたのですが、次第に耳や背中あたりにまで発疹やかゆみが出る様になってから使用するのをやめましたね。かゆみが特に酷かったです。

育毛シャンプーはそれなりに値段がするということもあって、使い切らないともったいないというのもありますよね。(笑)

でも、育毛シャンプーが高かったからといってかゆみや発疹が出た場合は、スグに使用をするのをやめた方が良いですね。そのまま使用を続けると育毛シャンプーなのに頭皮環境はどんどん悪くなっていく一方なので。

育毛シャンプーは発毛のためではなく守るためのもの。

育毛シャンプーについてのことを、まとまりなくだらだらと書いてしまいましたが、何が言いたいのかというと、

育毛シャンプーはあくまでも髪を守るためのものであって、ミノキシジルの様に発毛させたりするものではない。

ということなのです。なので育毛シャンプーを使うことによって発毛するかもということを期待するのではなく、育毛シャンプーでサポートをしつつAGA治療やリアップの様な育毛剤で発毛を促すというのがベストな方法です。

育毛シャンプー自体に発毛効果はありませんが、頭皮環境はちゃんと整えてくれるので、そういった地道な積み重ねが抜け毛を減らして薄毛ケアに繋がるということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です