無添加シャンプーとノンシリコンどう違うのか?

無添加とノンシリコンのメイン画像

薄毛対策をしている方は、ほとんどのかたがシャンプーを選ぶ時に育毛シャンプーを選んでいるかと思います。

選び方は人それぞれで、見た目のパッケージで「なんか効きそう」と選ぶ方や(笑)成分やどういった特徴があるのかを入念に見る方まで様々です。

良い育毛シャンプーの条件としてはいくつか特徴があり、その中にノンシリコンという特徴があります。ノンシリコンシャンプーを使うと毛穴が詰まらないため育毛には適しているとされます。

ノンシリコンという言葉は、比較的最近になって耳にすることが増えてますが、昔から薄毛に良いと言われていた物の一つに無添加シャンプーという物があります。

無添加シャンプーの場合も合成物質などが含まれていないために、頭皮や髪の健康にとっては良いと言われてきました。

育毛シャンプーを選ぶにあたって、このノンシリコンと無添加という言葉はよく聞くワードですが、雰囲気的にどちらの言葉も「なんとなく頭皮や髪に良さそう」な感じはしますよね(笑)

そうなんです、ノンシリコンにしても無添加にしても、どちらも頭皮や髪にとって良いというのは間違いではないのですが、それぞれの言葉がどういった意味なのか知っていましたか?

些細な疑問なんですが、何せ育毛シャンプーは高いです(笑)なので疑問があったまま買うのはちょっと…って事にもなってしまいますよね。そこで今回はノンシリコンと無添加この言葉の2つの違いは何なのかという事について紹介してみます。

無添加シャンプーってなに?

まず最初に育毛シャンプーだけに関わらず、ボディソープや洗顔など体に付けたり使ったりする物にも良く記載されている無添加というのはどういう意味なのか、無添加シャンプーを例に出して紹介してみます。

無添加という言葉の意味

「無添加」とは、読んで字のごとく、添加物が入っていないということです。

そのため無添加シャンプーにしても本当に必要な物以外が入っていない、言い換えてみれば髪や頭皮にとって良くない余分な物は入っていないという意味にも取れますよね。

薄毛対策のためには、頭皮や髪に負担にかかるような事をしない様にするというのは基本中の基本なので、無添加シャンプーを使用すれば良くない物が入っていないのだから安心、安全という風に思えます。

しかし、よくよく調べてみると無添加と書かれているからと言って、手放しで信用して良いかというとそういう事では無いのです。

まず、無添加の前に添加物とは何なのか簡単に説明をすると…

そもそも添加物というのは、製品が作られていく過程で加工や保存のために使われる成分です。無添加と書かれていない製品には添加物が含まれている可能性があるのですが、製品を作る上で必要な場合もあります。しかし、この添加物によって健康が害される場合もあるのです。

そこで、1980年に旧厚生省が「ごくまれにアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分」として103種類の成分を指定しました。代表的なのがこれらの成分です。

合成界面活性剤、アルカリ剤、防腐殺菌剤、酸化防止剤、エモリエント剤(油分を補う、皮膚を柔らかくする)、紫外線吸収剤、乳化剤、消炎剤、ホルモン類、毛根刺激剤、色素、香料など

シャンプーを例に出してみると、パラベン類(防腐剤)、ラウリル硫酸Na類(石油系界面活性剤)、安息香酸およびその塩類(防腐殺菌剤)などですが、これらは多くの市販シャンプーに使われているのです。

1980年以後これらの成分を使う場合は、きちんと製品に表示することが義務になりました。

そして、これらの成分が配合されていないシャンプーが「無添加シャンプー」というワケなのです。

これが無添加という意味なのですが簡単に言ってみれば、アレルギーであったり皮膚障害を起こす心配がないのが無添加ということです。

無添加というのは絶対に安心というワケでは無い!?

先ほど紹介したような、アレルギーや皮膚障害を起こす恐れがある成分が含まれていない無添加シャンプーならば信用して良いのでは?と思ってしまいますよね。しかし、この成分が指定されたというのは当時の話なのです。

現在に至っては、当時よりも年月が随分と経っており、その年月の間に新しく開発された化学成分は約4000種類以上もあると言われているほどなのです。

この新しい化学成分というのは先ほど紹介した旧厚生省が発表をした「表示指定成分」には入っていないので、仮にシャンプーに使われていたとしても「無添加シャンプー」になってしまうのです。

例えば、表示指定成分ではないけれどシャンプーに配合されることがある「フェノキシエタノール」という合成の防腐剤は、表示指定成分のパラベン類と同程度の毒素を有するとも…。

今の時代、企業は人体への影響などは最大限考えているはずなので、使用しても安全だという成分のみを使用して製品の開発を行っているはずです。しかし、無添加だからと言って全ての人の肌に安心という保証がされているという事では無いというのは覚えておいた方が良いです。

無添加シャンプーとはどういうものなのか?

話を無添加シャンプーに戻すと、現在の「無添加」と表記されているシャンプーであれば「赤ちゃんでも使える」などと書かれている物もあったりするのですが、その通りに人体に影響を与えない成分が使われていないものがほとんどです。

しかし、無添加シャンプーだから安全だと単純に考え、注意書き等も確認せずに使用すると、皮膚のトラブルが起きないとも限りません。

例えば、シャンプーの中には「防腐剤無添加」のシャンプーというのがあるのですが、注意書きをよく見ると保管方法に「冷蔵庫に保存するように」と書かれているものもあるのです。

一般的なシャンプーの保管方法はというと風呂場に置きっ放しにしているという人が多いですよね。注意書きをよく読んでいなかっら、この防腐剤無添加のシャンプーも何気なくいつものように浴室に置きっ放しにしますよね。

ところが浴室というのは湿度が高く温度の変化も大きいために、無添加のシャンプーに雑菌が繁殖してしまい、その雑菌が繁殖したシャンプーを使ってしまうと頭皮環境が悪化する可能性があるのです。

実際にこういう話もあったりするので、無添加シャンプーだからと言って何も考えずに安心して使用ができるという話では無いのです。

無添加シャンプーの場合で特にややこしいのが、この無添加という表記なのです。

実はこの無添加シャンプーと表記された製品の成分には、法的な決まりというのは特に無いのです。ということは「無添加」である基準というのは各メーカーの判断によるものなのです。

一般的には先に紹介した「表示指定成分」が入っていないものが「無添加」と呼ばれています。それ以外にも特徴があり、市販されている無添加のシャンプーの特徴をいくつか挙げて見ると…

・表示指定成分が使用されていない。

・頭皮に刺激のある石油系界面活性剤が使われてない。

・防腐剤が使用されていない。

・シリコンが使用されていない。

・アルコールを使用していない。

と言った物が多いのです。こうして特徴を見て見ると、無添加シャンプーの特徴というのは育毛シャンプーの特徴に似ているのです。

2001年に薬事法が改定され、化粧品類に使われている成分を全て表示するように義務付けられました。そのため、無添加シャンプーと言われているだけで安心するのではなく説明や成分表示もちゃんと見て、よく判断するという事も重要なのです。

無添加シャンプーを使う事のメリットは?

無添加シャンプーの特徴として、育毛シャンプーに似ている部分があるのですが、無添加シャンプーを使う事のメリットとして、まず最初に言えるのが、

・指定成分が使われていないため、アレルギーや皮膚障害を起こす心配が少なく、頭皮や髪に優しい。

ということです。これが無添加本来の意味なので、当然のことですよね。それ以外にも

・使用されている洗浄成分が頭皮に優しい。

・頭皮や髪への刺激が少ない。

と言ったメリットがあります。無添加シャンプーを使う事での一番のメリットは、やはり髪や頭皮に優しいという事なのですが、その反面デメリットも考えられるのです。

無添加シャンプーのデメリット

・泡立ちが悪い。

・香りが無い。

・髪がゴワゴワする。

というのが、無添加シャンプーの口コミなどでもよく見られるデメリットです。実際に無添加シャンプーを使ってみると分かるのですが、泡立ちや洗い終わった後の髪の感じが一般的なシャンプーよりも劣るというのはあるのです。

ノンシリコンシャンプーとは

続いて、ノンシリコンシャンプーについてですが、「ノンシリコンシャンプー」を語るとき、それにはまず相対する「シリコンシャンプー」について語らなければなりません。

「シリコン」とは、油です。豆腐の剥離剤にも使われるので、それ自体は人体に無害です。シャンプーに「ジメチコン、フェニルトリメチコン、シクロメチコン、アモジメチコン」などの記載されていると、シリコン入りのシャンプーだと分かります。

「合成樹脂」の一種であるシリコンは、髪の毛をコーティングし、手触りをよくしたりつやのある髪に仕上げたりする働きがあります。

この一部分だけを見ると、シリコンシャンプーも良いじゃないかと思うのですが、よく調べて見ると、シリコンを使わなければならない理由があったのです。

シャンプーに欠かせない役割というのは、髪の毛や頭皮の汚れを落とす「洗浄力」です。この洗浄のための成分が界面活性剤と言われるものです。

界面活性剤にもいくつか種類があり、天然由来の物もあれば人工的に合成された物もあるのです。

安価なシャンプーは、洗浄力の強い石油由来の人工的に合成された界面活性剤が入っているものが多いですが、界面活性剤の洗浄力が強いと頭皮や髪の毛の脂分を除去し過ぎて、頭皮が乾燥したり髪の毛がパサついたりして、フケやかゆみに抜け毛が発生して薄毛の原因になることがあります。

そこで登場するのがシリコンです。前述したように、シリコンの働きであるコーティング作用により、界面活性剤でダメージを受けた髪の毛の状態を修復しているのです。

ところが、せっかく修復用にとり入れたシリコンが、またまた悪さをすることに。それは、シリコンが毛穴につまり、頭皮に栄養成分が浸透せず、髪の毛の発育を阻害してしまう可能性があるのです。

洗浄力を強くして同時にシリコンを使うと、髪の毛や頭皮に良くない。それならば、シリコンで修復しなくてもよい程度の、頭皮や髪の毛に優しい洗浄力の弱い成分を配合すれば良い。ということで、「ノンシリコンシャンプー」の登場です。

「ノンシリコンシャンプー」の多くに配合されているアミノ酸系界面活性剤は、泡立ちが悪く洗浄力が弱い分、余分な皮脂をとり去らないため、髪の毛や頭皮には優しいのです。

「ノンシリコンシャンプー」は、シリコンでコーティングしていないため髪がきしんだり、指通りが悪く感じたりもしますが、その分髪の毛が軽くなるため、髪の毛が細い人にはふんわりとしたスタイリングがしやすいという長所があります。

また、栄養成分やパーマ・毛染めの成分などがしっかりしみ込むため、髪の毛が傷みやすい人にとっても良いというワケなのです。

ノンシリコンシャンプーが薄毛に悩む人にとって、どういったメリットがあるかについては▼こちらの記事にも詳しく記載しています。

ノンシリコンシャンプーは薄毛や抜け毛にどう良いの?

2017.04.01

無添加シャンプーとノンシリコンシャンプーの違いはなに?

さて、無添加シャンプーとノンシリコンシャンプーについてそれぞれ説明をしましたが、ノンシリコンシャンプーの場合は単にシリコンが含まれていないという意味で、無添加シャンプーの場合は表示成分が含まれていないという事がお分かりいただけたかと思います。

育毛シャンプーを選ぶ時にもよく見かける、この無添加とノンシリコンなのですが、お分かりになっている方も多いと思うのですが、

無添加シャンプーとノンシリコンシャンプーというのは全くの別物というのでは無いのです。言ってみれば、ノンシリコンシャンプーは無添加シャンプーに含まれる仲間のような物なのです。

どういう事かというと…

無添加シャンプーの特徴として、防腐剤や石油系の界面活性剤を使用していない、というのに加えて「シリコンを使用していない」という特徴があります。そのため、ノンシリコンシャンプーの特徴は言うなれば無添加シャンプーの特徴とも取れるのです。

しかし、ノンシリコンシャンプーとだけ表記されている物の場合は、シリコンが使われていないという事には当てはまるのですが、無添加の特徴であるその他の防腐剤やアルコールが使用されていないなどには当てはまらない場合があるのです。

整理すると、

無添加シャンプー:表示成分が使用されていないため、シリコンも使用されていない。

ノンシリコンシャンプー:シリコンが使用されていないが、表示成分が使用されている物もある。

という事なのです。そのため無添加とノンシリコンを言葉として比べた場合、無添加の方が肌への影響は少ないと考える事が出来るのです。

無添加とノンシリコン、育毛にオススメなのは?

無添加とノンシリコン、ドラッグストアのシャンプーコーナに行けばどちらもよく見かける言葉ですよね。

薄毛対策のために育毛する事を考えたときに、無添加とノンシリコンどちらがオススメなのかというと…

頭皮がアレルギー体質の人の場合。

肌質というのは人によって様々ですが、例えばアルコールが含まれている育毛剤を使用すると、頭皮が痒くなったり湿疹が出たりという方もいます。そう言った敏感な肌質の方やアレルギー体質の方の場合は無添加の育毛シャンプーを使うのがおすすめです。

頭皮がアレルギー体質で無い人の場合。

肌が弱くなかったり、アレルギーなども無いという人の場合は、無添加でもノンシリコンでもどちらでも問題無いのですが、やはり無添加の方が頭皮へのダメージが少ないためおすすめです。理想的なのは無添加のノンシリコンシャンプーです。

ただ、どちらの場合でも1点気をつけたいのが、単に無添加とノンシリコンというだけで育毛を考えたシャンプー選びをするのはベストとは言えません。

育毛という点でシャンプーを選ぶのであれば、無添加やノンシリコンというだけでなく、頭皮の血行促進や、頭皮へ潤いを与えるという事も重要になってきます。そのため、育毛の事を考えてシャンプーを選ぶのであれば、育毛シャンプーという事が前提になった商品の中から無添加かノンシリコンを選ぶべきです。

と言っても、最近ではほとんどの育毛シャンプーが無添加でノンシリコンの場合が多いのですけどね(笑)

もう後悔しない…オススメ育毛シャンプーランキング!

2017.05.15

今回は無添加とノンシリコンについてその違いは何なのか?という事について紹介してみました。女性ならともかく男性の場合って薄毛でなかったらそれほどシャンプーの成分なんて気にしたりしませんよね。これも薄毛だからこそ気にしてしまう事だと思います(笑)

実際、自分も薄毛を気にしていなかった時なんて、シャンプーなんかは家にあるものを使っていたら十分だったのですが、それが薄毛が気になり育毛シャンプーを使うようになってからというもの、育毛シャンプーの値段が高いので「失敗したくない」という思いから、無添加とかノンシリコンやその他の成分のことまで見るようになりました(笑)

最近では無添加・ノンシリコンというだけでなくボタニカルやオーガーニックなど様々な言葉が出てきていますが、育毛シャンプーを使っている内はこう言った言葉の意味はなんとなくでも理解はしておいた方が良いかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です