頭皮のデキモノを繰り返す人ほど育毛シャンプーを使うべき

頭皮のデキモノのメイン画像

ふと頭をかいた時に、痛みやふくらみを感じて頭皮にデキモノができている事に気付いたことってないですか?

自分が薄毛初期ぐらいの頃は、頭皮にデキモノがよくできていました。

毎日シャンプーをしてコンディショナーも使っているはずなのに、なぜデキモノが?って思っていました。

 

慣れてくるとデキモノができても「いつものやつか…」みたいに思ってたのですが、薄毛に悩まされるにしたがって、

「もしかしたらこのデキモノと薄毛って関係あるんじゃないの?」

と思い始めるようになりました。まぁ薄毛に悩み始めると何かと原因を探してしまいますよね(笑

 

しかし、この頭皮のデキモノが抜け毛や薄毛に無関係かというと、全くの無関係とはいえない部分があるのです。

先に言うと、この頭皮のデキモノはニキビである場合がほとんどです。

なぜニキビが頭皮にできてしまうかというと、頭皮環境が悪くなってしまっているからです。

頭皮環境が悪くなっている…ということは?

そうです。髪の成長にも頭皮環境の悪化が影響してしまっている可能性もあるのです。

 

頭皮にデキモノができやすいというのは体質なども関係していますが、育毛シャンプーを使うことで頭皮にデキモノができにくくなる場合もあるのです。

自分の場合は育毛シャンプーを使い始めてからデキモノの状況が変わりました。

今回は育毛シャンプーを使えば頭皮のデキモノがどうなるのか?ということについて紹介します。

頭皮のデキモノの正体、そのほとんどはニキビ

先ほど軽く紹介しましたが、頭皮のデキモノの正体についてはニキビであることがほとんどです。

顔にできる「青春の証」とも言われていたあのニキビですね(笑

 

そもそも頭皮にニキビができるのかというと、実は頭皮はニキビができやすい部分なんです。

というのも、頭皮は汗や皮脂の働きが活発で雑菌も集まりやすく、そのうえ皮脂が毛穴につまりやすい場所です。

頭皮にニキビができたとしても、何もおかしいことは無いのです。

ただ、顔にできるニキビと同じように肌が良い状態であればニキビはできにくいです。そのため頭皮にニキビができるというのは、頭皮の状態があまり良くないということが考えられます。

 

ニキビ以外の頭皮のデキモノとして考えられるのが粉瘤です。粉瘤も肌の奥に皮脂が詰まってできるのですが、ニキビと違って痛みが出る場合が少なく、知らない間に肌がポコッと膨らんでいることが多いです。

頭皮にできる痛みや赤みがあるデキモノは、ほとんどの場合が顔にできるニキビと同じなのです。

頭皮のデキモノは放置していても良いことはナシ。

頭皮にデキモノができた経験がある人なら分かると思うのですが、微妙にムズムズかゆさもあったりするので、ついつい無意識のうちに触ってしまいますよね(笑

触っている内に大きくなって、なかなか治まってくれないということもよくあるはずです。

それと、頭皮にデキモノが1度だけできたという事ではないはずです。これまでに何度も繰り返しできた経験がある人がほとんどだと思います。

そうなんです。頭皮のデキモノって何度も繰り返している人が多いのです。

 

なぜ繰り返してしまうのかというと、頭皮環境の悪い状態が続いてしまっているから繰り返してしまうのです。

実際自分の場合もかなり繰り返して、時にはデキモノを触りすぎて出血してしまいかさぶたが…なんてこともよくありました(笑

顔のニキビの場合はニキビ治療薬をぬりますが、頭皮のデキモノって薬を塗ったりもしないですよね?

デキモノを繰り返してはいるものの、ニキビ治療薬を頭皮にぬるとその部分だけ薄毛になりそうな気がして…(笑

 

頭皮のデキモノって繰り返していることがほとんどです。

顔のニキビの場合は目立つので早く治そうとするのですが、頭皮のデキモノってパッと見ではほとんどわからないので、ついつい「まぁいっか」程度に考えてしまう人もいると思います。

でも、頭皮のデキモノを繰り返してしまうということは、頭皮環境が悪い状態が続いてしまっているからで、その間も髪の成長によくない頭皮の状態が続いているということです。

そうなんです、頭皮にデキモノができる状態を放置していても、頭皮環境や薄毛や抜け毛にとって良いことって何もないのです。

むしろ薄毛や抜け毛が気になるのであれば、頭皮にデキモノができる状態はいち早く脱出するべきです。

これは本当に。

 

でも、毎日シャンプーをしているのになぜ頭皮にデキモノができてしまうのかいうのと、治療薬を頭皮に使えないとなると、どうすればいいのかわからないですよね?

実はこの頭皮のデキモノも、育毛シャンプーを使うことでデキモノができやすい状況を変えられる可能性があるのです。

自分の場合は育毛シャンプーを使い出してから変わりました。

育毛シャンプーで頭皮環境を良くすればデキモノは…♪

頭皮のデキモノは、頭皮環境が悪い状態が続いているから繰り返してしまうのです。

自分も季節関係なく頭皮のデキモノを繰り返していましたが、育毛シャンプーを使い始めてから状況は変わりました。

ちなみに、ここ数年は頭皮にデキモノができたという記憶は無いです。

育毛シャンプーを使うことで、頭皮のデキモノの状況が変わるかというと、

なぜ頭皮にデキモノができるのか?

ということが分かれば、納得できると思います。なぜ頭皮にデキモノ=ニキビができるのかというと…

頭皮にデキモノができるワケ

頭皮にデキモノができる理由、それは顔にニキビできるのと同じです。

頭皮の毛穴が詰まったり雑菌が増えることでデキモノができてしまいます。

毛穴が詰まったり雑菌が増えるのは、皮脂や汗をきちんと落とせていないということもあるのですが、

皮脂が必要以上に分泌されてしまっていることが原因として大きいのです。

 

なぜ頭皮の皮脂が必要以上に分泌されてしまうのかというと、よくある理由はこの2つです。

頭皮に皮脂が過剰分泌される理由
  • 頭皮が乾燥している。
  • 頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまっている。

という事が頭皮に皮脂を増やしてしまっているのです。

 

頭皮が乾燥している場合、頭皮は刺激に弱くなっていて雑菌やニキビの原因であるアクネ菌が増えることによって炎症を起こしやすくなり、デキモノができやすくなります。

また頭皮が乾燥していると、頭皮を乾燥から守ろうとして体は皮脂を余分に分泌させます。

よくある市販のシャンプーの場合洗い流す力が強いために、頭皮に必要だったはずの皮脂まで落としてしまいます。

すると、さきほどの乾燥と同じような状況が起こってしまい、乾燥から守るために皮脂が余分に分泌されます。

このようなことが起こり頭皮に皮脂が増えることで、皮脂が毛穴に詰まったり雑菌が増えて、その結果頭皮にデキモノができやすい状態になってしまうのです。

育毛シャンプーを使えば皮脂が増えすぎないからデキモノも

頭皮のデキモノの原因をたどると頭皮の乾燥に行き着くのですが、育毛シャンプーを使うことで頭皮の乾燥を起こさないようにできるのです。

頭皮が乾燥を起こさないということは、頭皮環境も良くなり薄毛や抜け毛対策にもつながります。

育毛シャンプーを使うことで、

育毛シャンプーでできること
    • 保湿成分で頭皮の乾燥をケアできる。
    • 洗浄力が優しいため頭皮の皮脂を必要以上に落とさない。

ということができます。

 

育毛シャンプーなら、頭皮の乾燥をケアして皮脂が必要以上に分泌されるのを防ぐことができ、頭皮のデキモノを繰り返さないようにできるのです。

少々長くなりましたが(笑)これが育毛シャンプーを使えば頭皮のデキモノを繰り返さないようにできる理由です。

自分も頭皮にデキモノができている状態が普通。みたいな感じだったんですがw育毛シャンプーを使ってからは、頭皮のデキモノが気になるということがほとんど無くなりました。

頭皮のデキモノが無くなれば薄毛のストレスも減る。

頭皮のデキモノについて紹介しましたが、頭皮のデキモノに悩まなくなったからといって、薄毛が急に回復したり髪が生えてくるというワケではないです。(笑

しかし、薄毛や抜け毛のストレスは少し軽くなるはずです。

というのも頭皮にデキモノができている状態だと、無意識に頭皮をかいたり、頭皮の痛みや肌が突っ張っているのを感じるかと思います。

それだけ頭皮に意識がいってしまうと、最初に書いたように

「頭皮のデキモノのせいで薄毛が進行して…」

と考えてしまったりもします。

でも、育毛シャンプーを使って頭皮にデキモノを繰り返さない状態にすることで、頭皮の違和感を感じることも少なくなり、実際に頭皮環境も良くなっているのです。

なので「頭皮にデキモノができるのは仕方ない」と放っておくのではなく、育毛シャンプーを使って頭皮環境を変えることで、髪の成長をサポートすることができるのです。

薄毛が気になるのであれば、頭皮にデキモノができやすいより、頭皮環境が良くデキモノができにくい状態の方が良いに決まってますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です